1. トップページ
  2. 社員紹介
  3. 桧家住宅 千葉工事部/埼玉東工事部

社員紹介PEOPLE

同期入社の先輩社員に
施工管理の現場について聞いてみました

桧家住宅 千葉工事部/埼玉東工事部

渡辺 芳恵 / 2016年 新卒入社
吉住 雅紀 / 2016年 新卒入社

施工管理に興味を持ったきっかけ、
ヒノキヤへの入社を決めた理由を教えてください

渡辺:建築学科で様々な建築物の構造について学んでいて、建築を知るにはまず現場からと思って、はじめから現場監督を志望していました。他のハウスメーカーでは「希望は聞くけど女性では難しい」「ゆくゆくは営業職でがんばってほしい」と言われることが多かったのですが、ヒノキヤではどの面接官の方も女性が施工管理業務に就くことに否定的ではなく、やりたいことを聞いてくれ、働きやすそうだと考えて入社を決めました。

吉住:面接で採用担当の方が気さくに話してくださるなど、雰囲気がよかったよね。私は元々営業志望で、売るためには商品を知りたい、そのためには現場で学びたいと施工管理職からのスタートを希望しました。同期はそれぞれ別の支店に配属されていても、時々は会って情報交換しています。

渡辺:こないだも休みの日に皆で一緒に遊びに出かけたり(笑)。互いの現場の話になることも多くて、刺激を受けあっています。

仕事で心がけていること、やりがいについて教えてください

渡辺:日ごろからの職人さんたちとのコミュニケーションは大切ですね。職人さんたちはいつも「ここはどうするんだ?」「ここは大丈夫か?」と気にかけてくれ、思っていた以上に迎え入れてもらっています。不安に思うことは常に周囲の先輩に前もって確認しながら、早めに段取りすることを意識。体力的に木材を運ぶなどの手伝いは難しいので、そのぶん作業後の掃除は率先して行っています。
あとは、現場を訪れてくださるお客様には、「次はこういう工事が行われるんですよ」とこまめにお伝えするようにしています。お客様も「こうやって家が出来あがっていくんだ」と興味を持っていただけますし、私たちも「この人たちの家を建てている」と実感できます。一軒ごとにつくりあげたという達成感を味わえる仕事だと思います。

吉住:現場では職人さんたちに助けてもらうことが本当に多いので、私も常にコミュニケーションを欠かさないようにしています。お客様は図面だけではなかなか建物のイメージができないので、営業担当や職人さんたちと協力し、一つひとつカタチにしていくと、「ああ、こういう感じに出来上がっていくんだ」と感動していただけ、出来あがったときに本当に喜ばれている姿を見ると、「がんばってよかったなぁ」としみじみ思いますね。

渡辺:ヒノキヤは収納を増やすアイディアが豊富だから、階段の裏側とか、デッドスペースがあれば出来るだけ収納を取れるように提案したり…。すべてはお客様のために、チームで一体となって完成させていくやりがいはこの仕事ならですね。

今後の目標について教えてください

渡辺:施工管理としてさらに経験を積んでいきたいですね。当社はZ空調はじめ、地下収納やハイブリッド工法など続々と新しい技術に挑戦しているので、私もその都度新しい知識を学び、職人さんにしっかり指示を出せるようになりたいです。建築士の資格取得も視野に、現場やお客様に信頼される存在となることを目指します。

吉住:現場の経験を重ねることで、いまでは図面から仕上がりのイメージができるようになってきました。希望や適性に応じてジョブチェンジできる体制があるので、ゆくゆくは営業にチャレンジしたいですね。施工管理の経験を活かし、お客様に幅広い提案を行える営業になりたいです。

学生の方に向けてメッセージをお願いします

渡辺:私は当初から施工管理の仕事に就きたいと考えていましたが、体力面や職人さんとのコミュニケーションには正直不安もありました。でも不安なイメージだけでやりたいことをやらないのはもったいない! 少しでも施工管理の仕事に興味があれば、まずは飛び込んでみてください。一緒に家づくりに取り組んでいきましょう!

吉住:施工管理に関する知識がゼロなのはみんな同じ。ただ知識は現場で身につけていくことができるので、まずは元気でやる気のある方に加わっていただきたいですね。


エントリーENTRY

目の前にある課題、 社会に潜んでいる課題に、 挑戦したい。
私たちはそんな 「Life Solution Builder」を、 募集しています。